友人

進行形の病気

アルツハイマーとは脳に関する疾患の一種です。以前は65歳未満の人に起きる疾患だとされていて、65歳以上の人に起きる認知障害とは別物として分類されていました。しかし、近年になって両者の脳における病変に共通点が多い事が判明し、両者を共にアルツハイマーに分類するようになりました。ただ、65歳未満の患者と65歳以上の患者では対応の仕方等が違ってくるので、65歳未満の患者を若年期と捉えている病院もあります。 アルツハイマーの具体的な症状としては、記憶障害や学習障害、注意障害等があります。それ以外にも、暴力や徘徊等といった行動を伴う症状が出る場合もあります。 症状が進行すると食事や着替えを一人で行なうのが困難になり、最終的には意思疎通も難しくなります。

アルツハイマーは進行型の病気です。そのため放置をしてしまうと、症状がどんどん進行していきます。最終的には自力で日常生活を送る事も困難になるので、日常的に家族等のサポートを必要とする事になります。 ただ、こうしたサポートは家族にとって大きな負担になる恐れもあります。そのため、発症に気付いたら早めに病院を受診する事が大切です。完治する事は難しいですが、適切な治療を続ける事で進行を遅らせる事が可能になります。 アルツハイマーの具体的な治療方法としては、薬物療法を行なうのが一般的です。現在は様々な種類の薬が販売されているので、症状に合わせて使い分けます。 薬物療法以外の治療方法としては、昼夜リズムを改善する光療法や、馴染みのある物を手元に置いて安心させる回想法等の治療方法があります。