リフォームの工事前・工事中にやるべきこと

リフォームの工事前・工事中にやるべきこと

女性と作業員

工事が始まる前にすべきこと

千葉でリフォームを依頼する時には、事前にローンの契約や地方自治体の補助金や介護保険の利用手続きを進めていきましょう。また、増築を伴うリフォームの場合には、建築確認申請書や建築リサイクル法の届出も必要になってきます。こういった手続きは後に残すとスムーズにリフォームができないので、業者の方に聞きながら早めに済ませるようにしましょう。

家

工事中にすべきこと

工事では騒音や粉塵によって、近隣住民の方に迷惑がかかることも多いです。そのため、工事前・工事中の間に近隣住民の方に挨拶回りをしておきましょう。最近では挨拶回りを代行してくれるリフォーム会社も多いですが、ご近所付き合いを円滑にするためにも、ご自身で挨拶回りをしておくべきです。

家族

現場の状況は必ず確認する

ご自身が現場に行って確認するだけでも、手抜き工事の防止にもなりますし、工事での意見を現場に届けることができます。そのため、工事中だからといって現場はプロの方に任せきりにはせず、たまにはご自身で確認することをオススメします。忙しくて現場に行く時間がないという場合には、施工管理を雇うというのも一つの手段です。

DIYとプロによるリフォームの違い

DIYリフォームの場合

DIYでリフォームを行った場合、コストが材料費や工具のみになるので、プロに依頼するよりも大きく費用削減することが可能です。また、自分がこだわった資材やプランによって、住宅を変えるので満足度はDIYの方が高いということもあります。

プロリフォームの場合

プロにリフォームを依頼した場合、費用はかかってしまうものの、短期間で住宅のデザイン・機能を一新することが可能です。また、それだけでなく、プロは長期間保証サービスを提供しているため、何かトラブルがあったとしても安心して任せることができます。